So-net無料ブログ作成
検索選択

石原都知事、3選絶対反対!!もうやめろ! [都知事問題]

http://www.fujitv.co.jp/index.html
『石原都知事は14日、フジテレビの「報道2001」に出演し、2007年4月の都知事選について、「オリンピックを言い出したわけで、やらざるを得ない」と、3選を目指して出馬する意向を示した。また、福岡との一騎打ちになる2016年の夏季オリンピックの国内招致にも「可能性は比べようがない」と自信を見せた。』

このふざけた、時流を全く理解しない、傲慢なナシャナリストの老害が東京の都知事なんかになっている限り、日本全部が朽ちていくことだろう。
東京にオリンピックは必要ない。経済効果が何兆円だか知らないが、あくまで企業ベースの話で我々の生活には全く関係がない。短期的な雇用に繋がるかもしれないが、我々は2016年後も生きているのだ。そんな一時的な雇用対策は要らないのだ。もっと抜本的な社会改革を必要としているのだ。それどころか東京に人や物がこれ以上集まって欲しくない。既に東京の交通機関は窒息状態ではないか!首都高は慢性的渋滞、通勤電車は相次ぐ自殺やレールの曲がり、信号機故障等で始終ストップ、乗客で充満した車内(一度でも乗ってみろ石原!)では人々が貧血やパニック障害で倒れ、挙句線路を歩かされる始末。そんな所へオリンピックが来て見ろ!駅は警官で一杯、ゴミ箱は全て撤去でホームにはゴミが溢れ、交通規制や検問で渋滞は益々悪化。そして長野のエムウェーブの様にイベントが終わった後の莫大な施設管理費は当然我々の血税で補われるしかない!
我々にとってオリンピックなど一時的なお祭り騒ぎに過ぎない。いやお祭り以下だ!迷惑だ!
東京では多くの人はオリンピック誘致を望んでいない。望んでいないなら、望んでいる人が多い福岡へ譲る度量の広さがなぜ持てないのだ!
東京はもともと、ペリー来航によってアメリカに開国された明治政府の、アメリカ向けの首都だ。それ以前の”経済的中心地”は「天下の台所」と言われた大阪であり、北周り航路と百万石の金沢であり、中国・オランダの貿易港長崎であった。しかし冷戦も終わり日本の貿易相手国第一位は今やアメリカではなく中国だ。今後、福岡の様な中国を含むアジア経済圏に近い場所は、東京の様な大陸から最も遠い東の果ての僻地よりよっぽど”可能性”に満ちているのだ。東京にはもう可能性などない。石原が言っている”可能性”とはあくまで現在の東京と福岡の経済的規模の格差であって、それは可能性ではなく”現状”だ。東京にオリンピックを誘致するということは、益々東京の一極集中化を助長させ、益々地方を過疎化させ、結果、日本全体の可能性を潰すことになりかねないことをなぜ、石原は気付かないのか!いや、気付いたとしても自分のことしか考えない傲慢な石原のこと見て見ぬ振りだろう。例えば、首都銀行東京(なんじゃこの名前?首都銀行でいいだろう!なんで”東京”を付ける!”首都大学東京”とかバカじゃないのか!)なんて設立する頃には景気は好転、銀行の需給もよくなったため、こんな怪しい銀行に金を借りる人がいないので、中小企業への貸し出しなど当初の目標は全く達成されていないそうだ。時流を読み取れず、大風呂敷なアドバルーンばかり打ち上げても何も効果を上げられていないのだ。
 フランス人は数が数えられないと暴言を吐いたことは有名だが、先日もカルティエ現代美術財団コレクション展で、現代美術は無意味だの、でかいブランドは嫌いだのと主催者を凍りつかせる発言をしてヒンシュクを買った。もはやこんなボケ老人を公人にしておいてはいけない!東京どころか日本の恥であり、経済的損失の元凶である!もし、今度の都知事選で、石原軍団にキャーキャーわめくバカなおバさん層だの、自身へプライドが持てないから国家にプライドを求める安易なナショナリストだの、何の主義主張を持たない中身のない無党派層だのが石原に票を入れて三選したらもう日本はお終いだ!彼らにはもう少し自分達の一票の重みを考えて投票して欲しい。軽はずみな意見に惑わされるな!暴言だけならコメディアンでも吐ける!
 オリンピックは福岡でやれ!それが対アジア経済の活性化やアジア各国との交流、地域経済の発展にも繋がる!今の東京と地方の経済格差は酷い!地方が元気になれば日本も元気になる。
ついでに福岡を日本の首都にしてしまえ!と言いたいぐらいだ。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 2

an

アメリカが駄目になった、これからは中国(アジア)の時代だからアジアに近いところが有利だと言う発想は単純に過ぎると思います

アメリカが駄目で中国なら良いんですか?
どっちかが駄目だからもう片方が良いとか片方が良いからもう片方が駄目という考え方自体が既におかしいと思います
そもそも、明治時代に世界最強国家はイギリスで世界の中心はヨーロッパでした。
アメリカはまだ新興の田舎物に過ぎませんでした
江戸が東京になって首都になったのは関東平野というバックボーンがあったからです
第一中国からの観光客もビジネス客も目的地ナンバー1は東京なのですから
by an (2007-07-23 01:34) 

はなれざる

anさん、コメントありがとうございます。
小生も人並みに教科書に載っている様な歴史は知っております。しかし、それを丸写ししただけではつまらないではありませんか。独断に満ちていても自説を展開した方が私が面白いので書いたのみです。

東京はナンバー1なのは当たり前です。政治・経済の首都なのですから。しかしそれは現状であって可能性ではありません。

アメリカがダメになったとは書いていません。貿易相手国で一位になったと書いたのみでそれだけで国の評価が決まるわけではありません。アメリカは今でも世界最強の国でしょう。丁度、明治時代のイギリスの様に。当時のアメリカを”新興の田舎物”と評されましたが、私は当時のアメリカは丁度、今のBRICsの様な存在だったと考えます。現状で世界最強であるかは重要ではなく、将来への可能性が重要なのです。

更に私が問題にしているのは東京の一極集中化です。地方の貧困は目を覆うばかりです。アジアとの地理的な近さという理由が少しでも地域経済の復興に寄与すれば良いと願わずにはおれません。ましてや東京が地方経済の可能性を奪う様な真似は、権力を笠に着た卑劣な行為です。
阪神大震災のあと神戸港が失ったシェアを釜山港が奪ったのはやはりアジアとの地理的な近さだと言われています。地理的な問題は単純な様で実は重要なのです。

江戸と東京では問題が違います。江戸はご存知の様に、元々沼地と海という非常に悪い土地で、だからこそ豊臣は徳川にくれてやったのであって、江戸時代は経済はもっと地方に分散していたと私は考えます。

発展途上で国が一気に成長する時には一極集中が利点になります。しかし今はフレキシブルな対応が求められる時代。動脈硬化を起こしている東京で柔軟な対応が可能でしょうか?
by はなれざる (2007-07-24 02:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2