So-net無料ブログ作成
検索選択

おんなの河童 [映画/DVD感想]

Image738.jpg『UNDERWATER LOVE -おんなの河童-』
監督:いまおかしんじ、撮影:クリストファー・ドイル、主演:正木佐和、カッパ:梅澤嘉朗、死神:守屋文雄、カッパと絡む同僚:成田愛
劇場:ポレポレ東中野
日独合作!
http://uwl-kappa.com/

とにかくすげえ映画だ!理屈はいらない。観れ!
エロとSFとミュージカルの融合!しかも超B級!そして笑える、泣ける、有り得ない映画。大体、撮影がジム・ジャームッシュ『リミッツ・オブ・コントロール』(←むちゃくちゃイイ映画)やウォン・カーウァイの作品を手掛けた人ですよ、それがこんな日本の場末でチープなピンク映画を(笑)・・・信じられません。なんか直前まで連絡が付かなくて撮影は一週間、NG無しの一発撮りだそうです。
物語は結婚を間近に控えた川口明日香のところに昔死んだ高校の同級生、青木哲也がカッパに生まれ変わってやってくる。明日香の同僚の島麗子になぜか気に入られ関係を持つが、実は明日香に死期が近いことを知り助けに来たのだ。そこへ死神が現れる。果たして哲也は明日香を守れるのか?・・・。全くみんな合っていない変な踊りがいい。カタコトの日本語で歌うドイツのミュージシャン、ステレオ・トータルの音楽がイイ。カッパのチープなマスクがいい。とにかくすべていい加減なのがよい。昨今のCG漬けの映画を見てるとこういう作品がむちゃくちゃ恋しくなる。しかもエロくて明るい。みんなとっても楽しそう[わーい(嬉しい顔)]カッパが明日香の婚約者に[指でOK]ってやるシーンは爆笑。正木佐和さんの底抜けに明るい笑顔と踊りもいいが、やっぱりこの映画の見所は成田愛だ。成田愛は以前、故・団鬼六のSM映画『Mの呪縛』(東銀座で)で観たことがあるがこの時はデビュー作ということもあって凄く演技が固かったんですが、今回は上手くなってましたね。カッパの童貞を奪うという凄い役柄なんですが、この人は服を着てる時はモデル顔負けなのに、脱ぐとお腹がポヨポヨ(笑)のポッチャリ体形ですっかり癒し系になってしまう、そのギャップが凄いんですね。ブログを読むと格闘技好きで道場の先生に破門にされたり、事務所をやめたり、旅に出て行方不明になったりした話を赤裸々に語る。しかもバリバリ丈夫そうに見えるのにしょっちゅう体壊してる。その人間臭いところが面白い。なんでもそうですが人間、完璧で一辺倒よりギャップがあって悩んでる方が興味があるんです。
成田愛さんと死神のカラフルな服装合戦もいいです。
本日(10月8日)、劇場入口挨拶有りで成田愛さんのサインを勢いで貰ってしまった。全くいい歳して何やってんだか(^_^;)。まあ、ガラガラで空いてたからできたんですが(笑)。画期的な映画なのに日本では理解されないのか、心配です(^_^;)。
売り方を間違ってるんじゃないか?。やっぱり入口でカッパがキュウリなんか配ってるからいけないんじゃないか?(笑)あのキュウリ、塩気が足りません。もっと塩を振ると客足もグーンと伸び・・・ないか(笑)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。