So-net無料ブログ作成
原発反対 ブログトップ
前の10件 | -

綺麗事はもうたくさん [原発反対]

今年の漢字は「絆」に決定、東日本大震災やなでしこJAPANの活躍などで。
ナリナリドットコム - 12月12日 14:40


ずばり!読み通り。あれだけメディアで宣伝すればね。手垢のついた言葉だね。世相を表しているとは思えない。どちらかというと思想統制だね。
嘘臭い。匂って来そう。

みんな絆なんか大事にしていないんじゃない?だから大事にしましょうって話でしょう?それは現状を表していることにはならんよ。余計なお世話。
じゃあ、何か?絆を誰かが提供してくれるのか?みんな一人で必死に生きてんだよ。

よくニュースとかで、老人の孤独死を報道して悲惨さを煽ったりするけど、腹が立つ。その人の人生が不幸せだったかどうかなんてその人にしかわからないこと。無縁仏上等!死後二か月後腐乱死体発見結構!死ぬ時は例え家族に看取られようと一人なんだよ!誰も一緒には死んでくれない。

私は人間との絆ばっかり強調しないで、もっと自然との絆を日本人は取り戻して欲しいです。

世相を表す漢字、もっと一杯あるでしょう。東電の「隠」蔽、原発安全神話の「嘘」、平和な日常の「崩」壊と庶民の「怒」。絆なんて綺麗事ばっかりじゃないですか?



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

遅ネタ(mixiとの同期合わせ)<染み付いた隠蔽体質> [原発反対]

<東電>吉田・前所長は食道がん 被ばくとの因果関係は否定
(毎日新聞 - 12月09日 12:25)

そんなにタイミングよく癌になるもんかぁ?50代で?

記事の説明で放射能との関連性の無さを納得できる人は相当おめでたい人だ。

大体、記事の通りなら最初から発表しても良かった訳だ。

大体、癌細胞なんて、常に人間の体で作られてるもので潜伏期間なんてあってないようなもんじゃないですか。急激に増殖しないよう免疫細胞が押さえてるに過ぎない。通常は高年齢になったりすると免疫力が落ちて癌が表面化する。もちろん、それだけじゃなくてタバコとか酒とか紫外線とか原因は色々ある訳だけど。
しかし元々あった癌細胞が被曝して活性化したとしても、それは福島原発事故以前からあった癌細胞だから放射能のせいじゃない、って東電は言ってるんじゃないの?それは詭弁というのだよ。そんな論法では全ての癌は福島原発事故とは関係なくなってしまう。なにしろ人間は癌細胞を作る能力を生まれながら持っているんだから。
もちろん東電は今後とも癌と福島原発事故の関連性を一切認めるわけないけどさ。全部補償したら大変な額になるからね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

遅ネタ(mixiとの同期合わせ)<こういう記事が掲載される意味> [原発反対]

1位は福井、47位は大阪 都道府県別幸福度調査

そりゃそうだろう。福井県の若狭湾一帯は原発銀座と呼ばれるほど原発がいっぱいある。高速増殖炉「もんじゅ」もある。国や電力会社からたんまり金を貰える。原発関係の仕事もあるから失業も少ないだろう。
一度、大地震でも起きて原発が爆発すれば大量の放射性物質が漏れれば、最下位転落ではないか?

そもそもこのデータがいつ集められたのか、震災前なのか震災後なのか、この記事を読んだだけではわからない。福島県が何位なのかもわからない。詳しく調べればわかるんだろうが、通勤途中の私にはそんな暇もない。
こういうニュースを断片的にテレビやケータイに流すことで、原発は日本に必要なんだ、と国民を安易に誘導しているように私には思える。なんといってもメディア業界は電力会社からたんまりお金を貰って来たのだから。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

遅ネタ(mixiとの同期合わせ)<お悔やみ申し上げます> [原発反対]

■トルコ東部で地震、500~1000人死亡か
(読売新聞 - 10月23日 20:16)

大地の怒りは静まらないようです。

そんなトルコに震災後、三菱重工が原発プラントを売り付けてました。いくら日本で売れなくなったからって、トルコはヒマラヤ~アルプス造山帯の上に乗っかってる、日本と同じ地震国ですよ?大企業は恥を知りなさい!

こうやって世界中で大地震が起きると、やはり黙示録的なことを考えてしまいます(^_^;)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

原子力発電所なんて要らない [原発反対]

■柏崎原発7号機の試験運転、東電が月内にも計画提出へ
(読売新聞 - 01月06日 08:21)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090106-00000015-yom-soci

”田洋・柏崎市長と品田宏夫・刈羽村長は「国が安全性を保証すれば、運転再開を止める理由はない」などとしており、早ければ今年度中にも試験が実施される可能性が高い。 ”

→まるで、活断層が消えてなくなったかの様な発言に呆れる。
今や”国の保証”という言葉ほど信用できないものはない。

1/3にこんな記事が日本経済新聞のトップにのりましたね。

「地熱発電所、20年ぶり新設 三菱マテなど相次ぎ計画」
http://eco.nikkei.co.jp/news/nikkei/article.aspx?id=AS1D250E5%2002012009

地熱発電は、地下2000mのマグマで熱せられたセ氏200~300度の蒸気力でタービンを回し発電するしくみ。

・温暖化の原因となる二酸化炭素を殆ど出さない。
 設備建設・送電等を含めてもCO2排出量は原子力の半分。
 もちろん放射能も一切出さない。

・原子力発電におけるウランの様に海外に資源を依存しない。
{よく勘違いされることだが、核燃料再処理で高レベル廃棄物が全てプルトニウムに変わる訳ではない。取り出せる資源は廃棄物のごく一部。つまり核燃料サイクルが成功しようとしまいと、原子力発電に依存する限り日本は永久にウランが必要となる。しかし世界のウランの埋蔵量は少なく石油より先に尽きると言われている。}

・日本の地熱資源量はインドネシア・米国に次いで第3位。

・国内の地熱資源量(2054万キロワット)を全て活用した場合、原子力発電所15基分以上に相当する。
 にもかかわらず現在はその2%しか利用されていない。

 
とこの様に、地熱発電は火山大国日本に非常に適した発電方法なのにそれを利用せず、わざわざ地震大国日本に不向きな原子力発電を、こう無理をしてまで続けようとする理由は、”発電”以外に何か別の目的があると思わざるを得ない。
最終目的はプルトニウムの軍事利用であろうと私は考えている。それは唯一の被爆国としてなんとしても止めなければならない。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

核燃料再処理工場が見える温泉 [原発反対]

やたら深さを強調する青森県六ヶ所村のその温泉。
某HPで六ヶ所原燃PRセンターの隣と書いてあったのでついでに寄るつもりで歩いてみたら1kmぐらいあんじゃん!騙された。ちなみにPRセンターの隣はゴルフ場(こんな所でゴルフする奴がいるの?お偉いさん視察時の接待用か?)。看板の後ろは下北交通六ヶ所線(野辺地~泊)「富の沢」バス停。JR野辺地駅まで50分ぐらい。http://www.0175.co.jp/s/index.htm

 
最近、都内でもやたら深い温泉があるけど、本当に日本一なんだろうか?ここまでどーんと書いてしまって記録が破られた後のことは全く考えてないところが良い。「昔は」とか隣に付けるのかな?
入口。右端のフェンスの内側に露天風呂があります。こんなちっちゃな温泉ですが、風呂の窓からはなんと・・・・


プルトニウムいっぱいの核燃料再処理工場が見えます! 
渋谷の温泉爆発事故を気にして、うちの温泉は大丈夫です!みたいな記事が脱衣所に貼ってあったが、そこ気にするトコちゃうやろ!ってツッコミを入れたくなった。まあラドン温泉っていうのもあるから、案外、放射能入りっていう温泉があったとしても効くと思える人がいるのかな?(笑)ここの常連さんはきっとガス爆発なんか問題にもしてないだろうに。
温泉の矢倉。確かに深そう。

側面にもくどいぐらい深さを強調(笑)。お湯はちょっと汚い感じのコーヒー色で、ぬるめでした。麻布十番温泉とかもそういう色ですよね。露天には落ち葉が浮いてた。まあ地元の銭湯って感じ。
地図:http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=40%2F58%2F54.658&lon=141%2F19%2F57.0&layer=1&sc=3&mode=map&size=l&pointer=on&p=&type=static&CE.x=511&CE.y=386


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

日本の原発は国際的な迷惑! [原発反対]

放射能を含んだ水が、日本海に流れ出たことは国際的に恥である。各国はこぞってこのニュースを伝えた。なんとなれば海は世界に通じているからである。日本の原発は今や世界にとって恐怖であり、大迷惑な存在となった。もう日本は北朝鮮の核開発を非難できる立場にない。

更に、今、柏崎刈羽原発7号機の排気塔から通常検出されない放射性物質が!検出されたとの報道があった。
そして敷地内の
低レベル廃棄物を入れたドラム缶100本が倒れ何本か蓋が開き放射能が漏れるという事態に!

東京電力の社長は、2時間も燃え続けた火災に対して「消化対応にちょっと問題があった」とコメント(何がちょっとか!)。
また放射能漏れについて説明にあたった社員は、「水は今でもポタポタ漏れているがどこから漏れているかわからない」と説明(今すぐ水を止めろ!)。
全く危機感が感じられない無責任な発言だ!
特に東電の社長の飄々とした表情と態度が実にけしからん!「消化活動が遅れたのは消防車が遅かったせい」(地震時に消防車が遅れるぐらい素人でも想像がつく!)とか、放射能漏れの報告が遅れたことについて「社員が少なくバタバタしていたせい」など全て他人に責任を転化し、自分は、申し訳ない、の一言すらない!
全ては「法定基準値内だから安全」という言葉で済ますあたりは、レベルは違うが事務所費問題の発言と同じで法律さえ守っていれば何をやってもいいという実にお役所的で傲慢な態度だ。その法律が今信頼が揺らいでいるのであり、法律が間違っていれば基準値内は安全という言葉は何の効力も持たなくなる。既に耐震基準だって間違っていたではないか!放射能漏れの基準値の安全性だって信用できるものか!既に女川原発、志賀原発で設計時の想定を超える揺れが観測されているというのに何の教訓も活かされていない。たまたま事故が起きなかったのをいいことに今回何の対応も行われていなかった。
日本全国どこでもいつでも昨日の様な震度6以上の地震が起きる可能性はある!

全ての原子力発電所は即刻停止して再点検せよ!

そして地震が止められない以上、原子力発電は、もうやめるべきだ!


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

火災警報は鳴らなかった [原発反対]

震度6強の新潟県中越沖地震で、震源からわずか9キロの柏崎刈羽原子力発電所3号機の関連施設の変圧器で、火災が発生した。地震による原発の火災は初めてのことだ。ところが、火災の発見は、職
員の目視によるものだった。つまり火災警報は鳴らなかったのである。
大丈夫か?原発!
日本テレビなんかまだ燃えているのに「火災による放射能漏れの心配はない」とか先走った解説をしてた。
散々データー改ざんしてきた東京電力の「この火災による放射能漏れはない」という発表なんて何が信じられるんだ!

という所でたった今23時近くになって「今回の地震は設計時の耐震規準を超える規模(なんと2.5倍!)であった」こと「放射能を含んだ水が海に流れ出た」ことが報道された。地震発生から12時間以上も経って、遅すぎるだろう!「放射能漏れは法令基準値以内」とのことだがその安全基準ももはや信じられるものではない。だから地震大国に原発なんか作っちゃいけないってあれほど・・・。

それにしても今回の地震は、安倍首相に参院選に向けてリーダーシップを宣伝する格好の機会を作ってしまった。どうせなんにもしないのに、わざわざ長崎遊説をキャンセルして自衛隊機で東京に戻りヘリコプターで柏崎原発を視察と税金を使いまくって一生懸命感をアピールしている。地震のニュースの間、首相はテレビに映るが野党は蚊帳の外なので圧倒的に不利だ。長野豪雨の後、田中知事が選挙で負けたことを思い起こすと災害に会うと日本人は不安感が増して保守思考が強くなる傾向がある。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

祝!高レベル放射性廃棄物処分場 阻止! [原発反対]

良識ある高知県東洋町民が、高レベル放射性廃棄物の最終処分場の誘致反対の町長を選択したことは、大変すばらしい。巨額の交付金で先祖代々の土地を売り、子々孫々の未来を死の危険に晒す様な真似は断固阻止すべきである。新町長は早速、調査への応募を撤回する文書を作成、原子力発電環境整備機構に送った。これで処分場建設は白紙に戻り、他の応募を検討している自治体も見直しを検討せざるを得ない。かつての漁業権の買取や沖縄の米軍基地のすがる地元経済の問題もそうだが、地方の目に余る貧困から、金に目が眩んでその場凌ぎの政策に住民が走らないよう、切に願う。そんなことをしてもバブルと同じでその瞬間は良いが、必ず子供の代、孫の代に取り返しのつかない禍根を招くこことになる。そうなってからでは遅い。安全安心の環境を子供達に残すことが、今の大人達に課せられた使命ではないのか。地震・火山・活断層大国日本に高レベル放射性廃棄物を安全に保管する場所など、どこにもない!国民は国や原子力関係団体、電力会社の甘言に騙されず、しっかりとその危険性を見据えて、火中の栗を拾わない様、注意しなければならない。いずれらちがあかない候補地探しに業を煮やした国側が強制的に権力を用いて処分場建設に乗り出すことは目に見えている。放射性廃棄物は現在、各原子力発電所の敷地内や六ヶ所村核燃料サイクル基地に山積みにされており、残された時間は少ない。そもそも高レベル廃棄物の処分方法も決めずに未完の自転車操業である原子力発電を始めたこと自体間違いであるが、既に大量の廃棄物が出てしまった今となってはそれを悔やんでも遅いのだ。某新聞で高レベル放射性廃棄物は、米国・フランスなどと供に国際処分場を建設していくしかないと書かれていたが、もう残された道は国際的な共同管理しかないと私も思う。もっともこの地球上にこんな危険な物質を何万年も優しく抱きかかえてくれる場所があるとは思えないが。マントル層に埋める(そんな大深度掘削は技術的に不可能)か宇宙空間に捨てる(ロケットが大気圏で事故ったら地球は滅亡)しかないと言われている物体を・・・・。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

薄氷 [原発反対]

3月25日、マグニチュード7.0の「能登半島地震」発生。そのわずか日前に震源地と目と鼻の先にある志賀原発が、たまたま幸運にも運転停止していた。理由はそう、8年前に起こった「臨界事故隠し」でである。同原発設置における北陸電力の活断層評価はマグニチュード6.9しかなかった。今回の地震の揺れ(226ガル)は原子炉緊急自動停止規準(190ガル)を上回っていた。この薄氷を踏む思いこそが日本の全ての原発が置かれた状況である。そして当然の如く、今回も「外部への放射能漏れはなかった」と公表された。

もし志賀原発の原子炉が稼動中だったらどうなっていたのか? 地震大国日本に原発は本当に必要不可欠なのか? 「原油高でも電力価格安定」「温暖化ガス削減」などの名目で我々の大事な生命まで売り渡していいのか?そこまでして電気が欲しいのか?それが快適な生活なのか?そんな電気なら私は要らない。 東京電力でも78年の臨界事故隠しが発覚、職員組織ぐるみの隠蔽の前にそれでも「放射能漏れはなかった」という安全宣言の、一体何を信用すればいいのか? 白血病をはじめ放射能障害の重大なもの一つが癌である。日本の癌死亡率は米国を抜き、今や日本人の3人に1人は癌死、という冷徹な真実を我々はどう受け止めるべきか?繰り返す。「本当に放射能漏れはないのか?」 折りしも高知県東洋町は高レベル放射性廃棄物処分場の候補地調査に応募、巨額の交付金で頬を引っぱたかれた財政ひっ迫の自治体の長は、任期中に再建の名誉を得たいが為だけに、数十万年は放射能が消えない毒物で、県民の生命まで犠牲にしようとしている。日本に放射性廃棄物の地層処分が可能な場所などどこにもありはしない。いっそのこと最も電力を消費する東京のド真ん中の地下にでも作ったらどうだ!だって安全なんだろうが?それとも高知県民は死んでもいいが東京都民はマズいとでも? 原子力は電気しか作れない!電気は原子力以外でも作れる!風力、バイオマス、太陽熱、地熱、燃料電池でも温暖化ガスは削減できるし、それらが抱える技術的問題など原子力が抱える危険性に比べればものの数ではないことを早く認識すべきだろう。 そして政府が原子力に躍起になる理由は電気が欲しいせいではなく核技術にあることは明白である。我々は北朝鮮の様な核で他者を恫喝する様な国家と同等に成り下がっては、断じてならない!それでは広島で、長崎で奪われた尊い犠牲は決して浮かばれまい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | - 原発反対 ブログトップ