So-net無料ブログ作成
音楽感想 ブログトップ

なんてこった!!! [音楽感想]

忌野清志郎が喉頭癌で入院ぃんんんんんんん!!!!!

http://www.kiyoshiro.co.jp/
幾つになっても清志郎がどっかで歌っているってことは、日本に富士山があるように僕にとっては永久不変のことだった。そりゃ人間だから、いつか病気になっていつかは死ぬさ。そんなこたあわかってるよ。でも清志郎は絶対いつまでも仙人の様に生きているような、永遠に存在しているようなそんな気がしてたんだ。耳をつんざく様な総立ちライブに行くのさえ苦痛になってしまった中年のおっさんの俺よりもずっと年上なのに、未だに現役でロックの世界で、イカれた格好して、「イェー!」とか「ベイベ!」とかいって叫んでいるそんな存在が居るってことだけで今日も俺は、この腐った国でもなんとか電車に飛び込まずに生きていけるっていうのに全くなぁんてこったあ!!!!!
忌野清志郎は俺の希望なんだあ!青春なんだあ!宗教なんだあ!!だから絶対戻って来いよな!!!「夢を忘れずに」なんてお別れの挨拶みたいなこと言わないでくれ!!!
でも喉頭癌で喉がつぶれてあの声が聞けなくなったら!ヒー!考えたくないね。もっとライブに行っときゃ良かったよ(悔)。でもいいよ、例えそれでも、手術が成功して生きてさえいれば。がんばれ!キヨシロ!

「RESPECT!KIYOSHIRO」で泉谷しげるに「お前は年とっちゃいけないんだからな!」と言われてたのが今も心に残る。彼を愛するみんなが同じ気持ちなんだと思う。
「絶望に効く薬」で「『あと1年で死にます』って言われたらどうする?」という山田玲司の問いに、

             「俺は死なないから大丈夫。」

と答えていたもんな。凄いぜ清志郎。俺は信じてるぜ、ベイベ。

絶望に効くクスリ 2―ONE ON ONE (2)

絶望に効くクスリ 2―ONE ON ONE (2)

  • 作者: 山田 玲司
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2004/10/05
  • メディア: コミック


RESPECT!~The 30th Anniversary of KIYOSHIRO IMAWAN

RESPECT!~The 30th Anniversary of KIYOSHIRO IMAWAN

  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 2000/06/14
  • メディア: DVD


どんよりした冬の朝に聞け!「STAND ALONE COMPLEX O.S.T」 [音楽感想]

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX O.S.T.+(プラス)

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX O.S.T.+(プラス)

  • アーティスト: TVサントラ, HIDE, Tim Jensen, 菅野よう子, Gabriela Robin, Ilaria Graziano, TROY
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2004/02/25
  • メディア: CD


攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX O.S.T.2

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX O.S.T.2

  • アーティスト: TVサントラ, Gabriela Robin, 菅野よう子, ORIGA, Tim Jensen, Ilaria Graziano
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2004/05/26
  • メディア: CD


攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX O.S.T.3

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX O.S.T.3

  • アーティスト: TVサントラ, Scott Matthew, ガブリエラ・ロビン
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2005/07/21
  • メディア: CD


いや、良い!(^-^)/どんよした冬の朝、気合を入れて出勤するのに最適です。「run rabbit 
junk」で景気よく仕事に行きましょう。「トルキア」でさあーいくぜ、みたいな雰囲気(爆)。仕事じゃなくてなにか極秘の作戦にでも行くような(大爆)、南武線じゃなくて軍用ヘリかタチコマにでも乗っているな(爆)、そんな感じです。長い黒いコートを引きずって聞きましょう! 
「Go DA DA」最高!重苦しくずるずる行く旋律がふてぶてしくて好きです。(*^-^*)

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX~be Human

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX~be Human

  • アーティスト: 菅野よう子
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2003/10/22
  • メディア: CD


これはうっかり出勤途中に聞いてしまうと労働意欲が失われ、眠くなりますので要注意
(_ _)Zzz
特に「タチコマの家出」、このまま電車に乗ってどこかへ旅に出たくなるような。仕事帰りに聞きましょう。ちょっと寄り道したくなりますよ(爆)。


叩き付けるような [音楽感想]

津軽三味線

津軽三味線

  • アーティスト: 津軽じゃみせん, 高橋竹山
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 1998/09/18
  • メディア: CD


 図書館で借用。はっきり言って私は津軽三味線のことはな~んも知りませんでした(恥)。もちろん部分的に聞いたことはあるけどさ。が、しかし良いですね!津軽三味線!叩き付ける様な、段々とキーを上げていく津軽じょんがら節のリズム、最高です。エレキのソロを聞いているみたいですね。
 また、私のご先祖様が弘前出身のせいか弘前市を中心とした地方の盆踊り「ドタレバチ」は妙に体に馴染みます。一瞬、音が途切れるメロディーが、かくん と力が抜ける感じがしてとてもリラックスして自然に体が左右に動いてゆったりしたリズムを刻んでしまいます。血のせいですかねえ。


バカボンのパパ化したキヨシロ「GOD」 [音楽感想]

 今更で申し訳ないが。 

GOD

GOD

  • アーティスト: 忌野清志郎, 三宅伸治
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルJ
  • 発売日: 2005/03/02
  • メディア: CD


 ”これでいいのさ”と連呼する「ROCK ME BABY」を聞いて”これでいいのだ”というバカボンのパパの科白を思い起こす。 RCサクセション解散CD「BABY A GO GO」で”ロックンロールショウは、もう終わりだ”と歌っていた忌野清志郎は、15年経って、”ロックン・ロールは最高なのさ”と歌う。この矛盾、このギャップに毎回ファンは悩まされる。5年前、そういう記念行事的なことは嫌いだからと、出演を最後まで渋っていた30周年記念イベントRESPECT!。しかし今年は自ら35周年と銘打って数々のイベントやCD発売を行う始末。もはやこの人には過去のこだわりなんてものはないのだろう。実にうらやましい性格だ。ラーメン屋の有線で「雨上がりの夜空に35」を初めて聞いた時はぶっ飛んだ。何がラップとの融合だ。全く何を考えているんだか。本当に今年の忌野清志郎はいつになく目立つ。しかし妖怪の着ぐるみまで着たり、フォーマルな姿でファッション誌にでたり、NHK-BSでクボヅカ張りにアメリカの聖地を訪れたり、百科事典CDの声優をしている姿を見ると、年齢による焦りが感じられる。あるファッション誌で「最近、ようやく楽に稼げるようになった」と応えていたが、確かに清志郎の自伝を読んだ人はその極貧生活に驚かされるばかりだ。そしてようやく、彼も退職金代わりに稼げるだけ稼いでおこうという極めて一般人的な考えに落ち着いたらしい。
 「GOD」の路線は基本的に「KING」と同じ。威勢がいいのは最初と最後だけで、相変わらず戦争や児童虐待といったものに対する反社会的なイメージの歌詞や曖昧なラブソングを古き良きリズム&ブルースに乗せて歌っているが、「冬の十字架」「夏の十字袈」のころのパワーが感じられない。まあしょうがないか。年だもんな。まだやっていること自体奇跡だもんな。「GOD」「ママもうやめて」もいい曲なんだけどねぇ~。「わからず屋総本家」も時代劇コメディでいい味だしてるんだけど小粒なんだよなぁ。「JUMP」は以前、清志郎のファンであり自分の番組で良く紹介してしまう筑紫哲也がその”旅に出よう”という歌詞について、現実社会から逃避しよう、という解釈かと尋ねていたが、

        意味なんてないって!愚問だって!

この人の歌はその場の勢いだけなんだから。ノリだよ、ノリ。もはや何をやっても許される男。それでいいのだ!(爆)。
http://www.kiyoshiro.co.jp/

冬の十字架

冬の十字架

  • アーティスト: 忌野清志郎 Little Screaming Revue, 忌野清志郎, 三宅伸治
  • 出版社/メーカー: インディペンデントレーベル
  • 発売日: 1999/09/22
  • メディア: CD


「人間のクズ」クズクズ(何回言ってるんだ?)俺はクズなんだ~今日も元気だー、の歌詞にクズでも生きてていいんだね、と当時励まされた。「明日また話そう」明日→明後日→来週→再来週~と延びていくのが最高、「おもしれー」たのむ、いいだろ?、どうだ?~等々最高の曲がひしめく傑作。



夏の十字架

夏の十字架

  • アーティスト: ラフィータフィー, 忌野清志郎, 藤井裕
  • 出版社/メーカー: インディペンデントレーベル
  • 発売日: 2000/07/07
  • メディア: CD


「お元気ですかマーコさん?」ダラダラ感が最高!、「警察に行ったのに」殺されてしまったという歌詞を淡々と歌うシュールさが凄い!、「君が代 LIVE」こけのムースまで→スプレー→ポマード?凄いダジャレの世界と怒涛の如くアメリカ国歌になだれ込む皮肉が最高、よくラッシュ電車の中で寝ぼけた頭をふっ飛ばされてました。とにかく全曲手抜きがない、近年最強アルバム!


KING

KING

  • アーティスト: 忌野清志郎, 三宅伸治, 三宅伸司
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルJ
  • 発売日: 2003/11/19
  • メディア: CD


「奇妙な世界」ばかり聞いていたような気がする。NHK教育の子供向け番組も見てたし(爆)。そういえばナレーターの竹中直人もキヨシロと仲良かったですよね。


音楽感想 ブログトップ