So-net無料ブログ作成
検索選択
続き物 ブログトップ

パニック障害の男(2):狭まる世界 [続き物]

それから先のことはよく覚えていない。おそらく這うようにホームに出た後、ベンチで暫く休んで会社に行ったのであろうが、何しろ10年以上も前のことなので忘れてしまった。とにかくそれからというもの、電車は急行には極力乗らなくなった。時間的にどうしても止むを得ない時は、外がよく見えるようドア越しに寄り掛かって立ち、冷たい飲料を絶えず口に含んだり、濡れたハンカチを額に当てたりしてパニック症状を防いでいた。特にのどの渇きは非情に恐怖感を煽るので、閉所ではペットボトルは必需品となった。タクシーにも乗らなくなった。どうしても乗らなければならない時は当然、窓側で窓を開けて乗った。他人の車やバスもそうであった。スキーや長時間の旅行も行けなくなった。好きだった夜行列車も苦痛になった。自分の車は、高速での走行や渋滞で止まった場合など考えると恐くて運転できず、乗らなくなってしまい、もったいないから売ってしまった。
 しかし恐怖対象はどんどん広がり、ある日、美容室で後ろ向きに頭を洗っている最中に、パニック症状に陥り、美容師の制止も聞かず、泡だらけ・頭びしょぬれのまま起き上がってしまった。あの時のびっくりした美容師の顔は今でも忘れない。それ以来、その馴染みの店には行けなくなった。前かがみで髪を洗う方がまだマシなため、床屋に行くようになった。当然、一刻も早く店を出たいので髭などそらなかったが、そのうち髪を切っている間もじっとしているのが苦痛になり、10分1000円のカットハウスに行くようになった。あれだと早くて髪の毛も吸い取るだけなので具合が良い。
好きだった映画館も座っているのが苦痛になった。やはり濡れたハンカチを額に当てたり。水や飴を口に含んだり、姿勢を頻繁に変えたりしているがストーリーに集中できずすっかり楽しめなくなった。コンサートも苦痛になった。立ちっぱなしもつらいし何より馬鹿でかい音が苦痛になった。音楽もあまり聞かなくなった。ちょっと遠くまで散歩に出るだけでも不安になった。例えば自転車で遠出をして周囲に誰もいない道でパニック症状を起こし地面に寝て休んだりしたこともあった。やがて休日は殆ど部屋に引きこもるようになった。そんな状態が何年も続いた。会社の健康相談員に打ち明けてもにこにこ笑って聞いているだけで何もしてくれなかった。今でこそ、芸能人がテレビで自分はパニック障害だったとカミングアウトするようになったが、当時はそんな病気は殆ど認知されていなかったのだ。風邪や疲労が溜まっているのかと思い、頻繁に内科に通い風邪薬を処方してもらったが当然症状は改善されるどころか悪くなるばかりだった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

パニック障害の男(1):それはある日突然やって来る [続き物]

初めてパニック障害の一種である空間恐怖症の発作を起こしたのは、スキーに行く途中の車の中だった。それ以前は夜中じゅう、車で走って朝、ゲレンデについて寝ないで一日中滑るなんてことをごく普通に行ってきたのだが、その日は車に4人で、私は後部座席に荷物と共に乗っていたのだが、しばらくすると、言い知れぬ不安に襲われた。何かこのまま車に乗っていて、もし気分が悪くなったら、車を止めて降りなきゃいけないから皆に迷惑がかかるなあ、と考えはじめたら急に気分が悪くなり始めた。動機が激しくなり息苦しくなり、頭から血が下がって、意識を喪失しそうになり、このままでは死んでしまうのではないかという不安感に襲われた。これは気のせいだ、と自分にいい聞かせたが不安・不快は増すばかり。ついに高速に乗る手前でその気持ちはピークに達した。「このまま高速に乗ってしまったら降りられない!」そう思った途端、突然、皆に、気分が悪いから今日は降りてタクシーで帰る、と告げ、車を降りてしまった。みんなはひどくびっくりしていたが、こちらは説明のしようがない、なにしろ自分でもわけがわからないのだ。風邪だとか適当に理由をつけて車を降りてしまった。ところが家に帰ると何ともないのだ。全くわけがわからなかった。
 2度目は、通勤途中の電車の中だった。私の通う電車の急行の朝のラッシュ状態は半端じゃない。もみくちゃにされ背広はしわだらけ、革靴は踏まれて真っ白。呼吸も満足にできないくらいぎゅうぎゅうに押し込まれるのだが、それまでは普通に乗れていた。しかし、その日は急行に乗り換えてからしばらくすると、立っていることが段々苦痛になり、やがて例の症状が現れ始めた。
急行は何駅もとばすし、朝の通勤時間は速度がノロノロだからなかなか次の駅につかない。
そんな中、身動きもできずに立っていると、突然このまま気分が悪くなっても降りられない、という考えが頭に浮かび、また心臓の鼓動が早まり、貧血が起き、意識喪失しそうになり、このままでは死んでしまうのではないかという恐怖に襲われた。しかし、前回と違って今回は電車を止めて降りることなどもちろんできない。やがて私はパニックを起こし、叫び、満員電車の中で無理やり暴れながら
床にしゃがみこんでしまった・・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
続き物 ブログトップ