So-net無料ブログ作成
検索選択
嫌いな物 ブログトップ

味の暴走 [嫌いな物]

私は辛いものが大嫌いだ。

カレーは当然、甘口(大体カレーは嫌いだから滅多に食べない)。おでんに辛子は付けない。刺身にわさびを付けない。寿司はわさび抜きを好む。ざるそばにもわさびを入れない。豚カツにも辛子を付けない。春巻きにもしゅうまいにも辛子は付けない。ホットドック(これも滅多に食べない)にもマスタードを付けない。ラーメンに胡椒は入れない。最近の味噌ラーメンはやたら辛いので食う気がしないのでラーメンは醤油か豚骨だ。昔の味噌ラーメンはもっと味がまろやかだった。牛丼に七味唐辛子などかけない。我が家の麻婆豆腐に唐辛子は入っていない(麻婆豆腐ではなくて単なる肉豆腐だ(笑))。きんぴらごぼうにも唐辛子は入っていない。オニオンスライスも大嫌いだからサラダに入ってたら避けて食べる。鍋にもみじおろしも入れない。秋刀魚に大根おろしも付けない。冷奴にしょうがはのせない。鰻に山椒はかけない。炭酸水は大嫌い。昔のジュースと言えばコーラとかファンタとか三ツ矢サイダーとかマウンテンデューとか炭酸系ばかりだったので飲み物はマジで苦労した。ビールも辛口は好きではない。薄味のコロナビールとかの方が好みだ。ピザにタバスコはかけない(大体、ピザ自体、滅多に食べないが)。キムチも嫌いだ。日本人なら漬物は糠みそづけだろう!それも当然よくつかっている奴だ!浅漬けなんてクソ食らえだ!辛子明太子も嫌いだ。焼きタラコのが旨い。もちろん、タイ料理なんて絶対食わん!

しかし私は上記の全てを食べられないわけではない。食べようと思えば食べられるがあえて食べようとはしないだけだ。飲み会とかでピザが出て来るとみんな無条件にタバスコどばどばかけるじゃん。人の意見を聞きもしないでさ。そんな時は大人気ない文句は言わないで黙って食べるさ。外では麻婆豆腐も食うさ。寿司屋のカウンターに座ったらわさび抜きにしてくれなんて恥ずかしいことは言わないさ。でも冷奴のしょうがはこっそり除去するけどさ。家でも納豆には辛子を入れるし、シャウエッセンにはつぶつぶマスタードも付ける。この二つは辛さは殆ど気にならない。餃子のたれに一滴かニ滴はラー油も垂らすよ。真っ赤になるまでは垂らさないけど。

そりゃラーメンを食べて味が薄かったら胡椒ぐらい入れるかもしれない。けど食べもしないで真っ黒になるまで胡椒をかけるのは作った人を愚弄してないか?と思ったら最近は“胡椒をかけると美味しくなるよ”、なんて書いてあるラーメン屋を発見。だったら最初から胡椒入れて出しゃあいいいじゃん!

先日、立ち食いカレー屋でカレーを頼んだら、味に“普通”と“辛口”があるというので“普通”を頼んだ。そしたら店員が慌ててて、「すいません。“普通”の注文が来たんですがどうするんですか」と店長に聞いていた。どうやら“普通”を注文する人は滅多にいないらしい。だったらそんな味の区分けを作るな!そして店長曰く「おう!それは食券を縦に置いとけ!」しかし、待っている間、厨房を覗いてたんだ。そしたら“普通”と書いた鍋と“辛口”と書いた鍋があって、見てると俺のカレーは“辛口”と書いた鍋からルーを注いでた。間違ってるじゃん!俺はすかさず文句を言ってカレーを交換させたよ。何か?男は“辛口”しか食っちゃいけないっていうのか?だったら、できもしない味の注文なんか引き受けるな!

最近の若者や中年、特に女性の辛さ嗜好はどうみても常軌を逸してると思う。もう殆どヒステリック状態だろう。旨さなんて関係ねー、辛けりゃいいみたいな。テレビでもそういう料理を芸能人に食べさせてヒーヒー言わせるのを面白がっったりして、ああいう下らない番組が、日本の食文化や若者の味覚を壊していくんだな、きっと。

みんな私の舌がおこちゃまだと言う。だったら子供で上等だ!


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京嫌い -人間の住める所じゃねぇ!- [嫌いな物]

 僕は東京が大嫌いだ。
 東京は、空気が悪いし、車は渋滞するし駐車スペースはないし、電車ラッシュで超混みで気分が悪くなるし人身事故ですぐ止まるし、やたらと人が多いからライブのチケットは取れないし、映画館も美術館も混んでて人の頭しか見えないし、緑はないし、ヒートアイランドで暑いし、騒音で五月蝿いし、はっきり言って世界一住み難い都市だ。
 都庁でもサンシャインでも六本木ヒルズでもいいから高い所から東京を昼間、眺めてみ!地平線まで続く白いビルビルビルの群れ。まるで骸骨の群れのようでぞっとする。タンギーの「弧の増殖」って絵にそっくりな風景だ。いわば「物体が繁殖しすぎて窒息状態になり生物的機能を絶やしてしまった廃墟や墓場を思わせる風景」(「世界の名画22」より岡田隆彦の同画への解説)だ。
 以前、仕事で北九州市に住んでたことがあったが北九州市は良かったなあ。まずラッシュ(モノレールだけど)がない。渋滞もない。車はどこにでも止められる。そんな無理して朝早く起きなくても阿蘇や長崎に高速で直ぐ行ける。勿論、緑はふんだんにあって海水浴も山登りも近い。祭りも盛んだ。食いもんは海の幸、山の幸、豚骨ラーメンが旨いし、遺跡や神社も彦島や宗像神社など周囲には数多い。しかも結構な規模の都市なので基本的な流行の映画は見れてしかも空いている。コンサートのチケットも直ぐ取れて有名アーティストの門司港野外ライブなどが目の前で見れる!美術館もあるし、福岡や山口に足を伸ばせば名画の巡回展も見れる。また、当時はまだ福岡ドームなどができる直前のバブル前で、北九州市も小倉そごうができる前(今はまたなくなってしまったが)の「鉄冷え」の頃で、新日鉄の第三高炉の火が消え、解体が始まっていた(後、スペースワールドができそれもつぶれかかっているが)。付近には、近年の廃墟ブームよろしく、多くの工場や倉庫などが八幡や北九州空港付近に廃墟として並び、独特の趣ある景観を作り出していた。
 ああ職があって、個人的な事情がなかったら直ぐにでも移住したいよ。やっぱり地方都市ぐらいの規模が人間として最も住みやすい環境じゃないか?
 某石原都知事は、遷都はもはや無意味だ!なんてポスターを都営地下鉄に貼って、オリンピックまで呼ぼうとしているけどとんでもない!。東京は完全に都市機能が麻痺しているじゃないか!東京から少し離れた川崎、横浜あたりの高層ビルから東京の空をよく晴れた日に眺めてみ!都心の方だけ、空が青い層から段々紫、灰色へと下に行くに従って変わっていくのがよく見える。あんな汚い空の下に自分たちが住んでいるのかと思うと本当に恐ろしくなるよ。今は何でもかんでも東京に集まり過ぎ!それは東京に出てこなければ仕事がないという現実がある。東京は早く首都機能を日本海側にでも移転させて欲しい。中国・韓国との交易を睨んで富山新港あたりが良いと思う。そして天皇は政教分離の意味合いから京都御所にお帰りになった方が良いと思う。そして江戸城を再建して皇居を市民公園として解放して欲しい。東京はニューヨークの様に証券取引所など経済機能だけを残しておけば良いのだ!それが関西や北陸の地域経済発展にもつながり引いては東京の住み心地度アップにも繋がり、人口の分散化にも繋がるのでは。

カンヴァス世界の名画 22 (22)

カンヴァス世界の名画 22 (22)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 1978/01
  • メディア: -


廃墟漂流

廃墟漂流

  • 作者: 小林 伸一郎
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2001/09
  • メディア: 大型本


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

車嫌い −地球の敵− [嫌いな物]

私は車が嫌いだ。
車は空気を汚すし、ガソリンや排気ガスの臭いが鼻について気持ち悪い。車内に乗っていても乗り物酔いしてしまったり、閉鎖された空間で圧迫感を感じ気分が悪くなる。特に日本は道路がアメリカの様に広くなく歩道もなかったりするから事故が起きない方が不思議なぐらいだ。アメリカ人の知人も日本の道路は怖くてとても走れないと言っている。
 加えて、自動車はやたらと金がかかる。税金、保険、車検、駐車場代、ガソリン代、高速代と際限がない。中央フリーウェイなどとユーミンも歌っていたが実際は日本はシェアウェイだ(笑)。しかもそこら中、駐車禁止だらけですぐ罰金を取り立てる。にもかかわらず、貧乏人でも車だけは持っている人が多い。汚いアパートやウサギ小屋の様な家の駐車場に立派な外車が時には2台も止まっているのを見ると滑稽に見える。また、運転が下手なくせに馬鹿でかい4WDが狭い路地で立ち往生している時は通行できなくて大迷惑だ。車を運転が好きな人は、例え狭い道路を猛スピードですっ飛ばそうが、酒飲んで運転しようが自分だけは絶対事故は起こさないと信じている。だから悲惨な交通事故があとを絶たないのだ。さらに車に乗ると自分が強く大きい存在なったように錯覚し、普段気弱な人が急に強気に変ったりするから始末に悪い。
 車は地球温暖化に大きな影響を与えている。都会ではヒートアイランド現象の原因の1つにもなっている。シンガポールで都心には車は入れないよう周辺の駐車場に止めるようにしている(石原都知事も東京で同様の政策を提案している)。「タイムマシン」という映画で未来都市は都心は車が入れなくて自転車が主な交通手段になっていた。また、京都議定書の発行でCO2削減のため運送をトラックから電車に変えたり、ヨーロッパや日本の地方都市では路面電車も見直されている。地球温暖化がこれ以上進めば、南極の氷が解けバングラデシュやモルジブ、キリバスなどインド洋、太平洋の国々が海に沈み、膨大な難民が発生する(既に沈みかけている)。ネパールなどヒマラヤ諸国では氷河が溶けて大洪水が発生する。日本も海水温の上昇によって台風の発生率が急増し、作物や人家に多大な被害が昨年から既に発生している。さらに海水温の上昇は珊瑚を死滅させ美しいさんご礁は二度と見られなくなるだろう。生態系は壊滅。アフリカや中国、アメリカ中部は砂漠化が進み、食料のほとんどを輸入にたよる日本は深刻な食糧危機を迎えるだろう。ようやく大手町の地下に実験農園を作っているが、どんどん進めないと時間的余裕はない。
 かつて中国の北京と言えば膨大な自転車が画面埋め尽くしたものだが、今や中国人が自動車にのり、日本人が自転車に乗る人が増えている。仮に、12億の中国人がアメリカのモータリゼーションを実践すると、地球上のあらゆる資源は枯渇し、世界は滅ぶと言われている。既に鉄の爆食、原油価格の急騰によって、車体が製造できない、ガソリン価格の値上げなど日本の車社会にも大きな影響が出ている。だからといって自分たちだけ車にのっておいて中国人に乗るなというのは矛盾した話である。

 それにしても車好きの人はなんで自転車に乗らないんだろうか。両方乗ってもいいじゃないか。
どうも車好きの人には乗り物の進化論というのがあるらしく、バイクに乗ったらもう二度と自転車には乗らず、車に乗ったらもう二度とバイクには乗らないらしい。まるでサルが二本足で立つが如く、進化に逆行してはいけないという自然法則を遵守しているが如くだ。距離によって乗り物を使い分けるべきだ。歩いて5分のコンビニにも自動車動かしてるから地球の気温が上がるのだ。確かに地方では私も毎日車に乗っていた。電車は本数が少なく、駅前には何もなく、自転車で移動するには距離が遠過ぎる地方では車は日常の必需品だ。しかし東京では電車と自転車があれば日常生活は事足りるし地球にも優しい。にも係らず車好きの人たちは、通勤以外、休みの日は絶対に電車を使わない。電車で行けない郊外の観光地は車で行き、都心は電車で移動した方が時間もエネルギーも節約できると思うがどうか。

 ウルトラセブン第38話「勇気ある戦い」に出て来た、クレイジー・ゴンよ、是非、出現して車を食べ尽くしてもらいたい!
 

DVD ウルトラセブン Vol.10

DVD ウルトラセブン Vol.10

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 1999/09/25
  • メディア: DVD
タイムマシン 特別版

タイムマシン 特別版

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2006/12/08
  • メディア: DVD

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

犬嫌い −犬はどこまで行っても犬だ− [嫌いな物]

私は犬が嫌いだ。
犬は吠えるし、噛み付くし、とびかかる。
逃げると追ってくるし、何よりもあの長い舌が気持ち悪い。
あんな舌になめられて喜んでる人を見ると信じられない!と思ってしまう。
そこら中に糞や小便を撒き散らすのもやだし、あの耳まで裂けた肉食獣の口と牙が私を恫喝する。
 最近、ペットブームとかで犬を飼う人が増えたが、あれは少子化の裏返しである。子どもを育てるのはお金(一人3千万、私立なら5千万だそうだ)もかかるし、面倒くさいから犬でも飼おうということらしい。おまけに人間の子どもは飽きても捨てられないが犬なら捨てられる。北九州市の海岸沿い埋立地にはわざわざ他県から犬を捨てにくる場所あるそうで野犬がいっぱいだそうだ。東京もいずれそうなるのではないかと心配している。病気や蚤も怖い。もともと犬が好きでもないのに流行りで飼うおもちゃ感覚が怖いのだ。
 昔から犬にくさりをつけない飼い主は多いが絶対にやめてほしい。犬好きの人は世界中の人がみんな犬が好きだと思っているが私の家族親戚は先祖代々犬が嫌いだ。公園などで放し飼いにしている人を見ると本当に頭にくる。こちらに走ってくると「〇〇ちゃんだめよ」と叱っているが、犬に人間の言葉がわかるわけないだろう!と怒ると「私の言葉はわかる」と熱弁するが、勘弁してくれ、私は犬はゴキブリよりも嫌いなのだ。是非くさりでつないで放し飼いにしないで欲しい。また小さい子どもや女性が白熊のような巨大な犬を2頭も連れて(というよりひきづられて)歩いているのを見ると危ないなあ、と思ってしまう。あとどうでもいいが、犬に服を着せてる奴も最近多いが馬鹿だと思う。あれは皮膚病の原因にもなるし犬はいい迷惑だと思う。某CMで「おそろいデビュー」とか言って犬にレインコートを着せる馬鹿げたシーンがあるが本当にくだらない。何をしようと犬はどこまで行っても犬、人間にはなれない。
 もっとも最近の犬を見てると極端に足が短くなったり、やせ細っていたり、ぬいぐるみみたいだったりで哀れな感じさえする。人間のわがままによってもはや自然界で生き物として生きてはいけない改良種は可愛そうな気さえする。とにかく私としてはこれ以上犬が増えないよう祈るばかりだ。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
嫌いな物 ブログトップ